脱毛通いは周期がある

脱毛に勤しむ女性
脱毛をするケースに心理コンサルタントを受けました。

しかも脱毛について聞きたい事を片っ端から聞きました。

相当煩わしい客だったでしょうね。

けれども私だってお金を払っています。

聞く権利はあると思って、知りたい事を片っ端から聞いてみました。

またそこで知らなかった事が聞けました。

私は「2〜3か月に1度じゃなくて1か月に1度とか何なら週に1度くらいのペースで脱毛したら早く終わらせてもらえますか?」と言う質問をしました。

私はなるだけ早く脱毛がしたかったので、そのような訳から聞いてみたのですが、これにさっくりと解答てもらえました。

どうやら脱毛はしきりに行っても趣旨がないみたいです。

「毛周期」と言うのの話が出てきて、どうやら必要ない毛というのは発展している時と進化が止まっている事例とそれから抜け落ちているケースがあるみたいです。

この必要ない毛が抜け落ちているケースに脱毛をしても全く必要ない毛に脱毛影響を与える事ができないので、ダメなんだそうです。

毛周期は毛一本一本によって違うみたいで、毛によって同じタイミングでも毛がランクアップしている毛穴と毛のランクアップが止まっている毛穴と毛が抜けている毛穴があって違うみたいです。

だから期間を開けないと毛がまだ生えてこないので脱毛してもニュアンスがないと言われました。

なるほどなと認識したのです。

脱毛が2〜3か月に1度のペースであるのはキッチリとしたニュアンスがあります。

そう聞いて、脱毛のルールは整然と守ろうと考えました。

友達のムダ毛のエピソード

ムダ毛について考える
私は自らの事を常に必要ない毛が濃いと思っていました。

それは姉に言われたからであり、姉レベルでした。

しかも友人みんなには自身が必要ない毛が濃いとい事を話していたんです。

姉にどんどんからかわれてきたので、自らの必要ない毛は確実に多々あるタイプだと思っていました。

だから友人と共に温泉に行った事例はショッキングだったのです。

私の友人はすごく手入れをしていたのか必要ない毛が多々あるなんて一度も感じた事がなかったです。

むしろ必要ない毛がそんなに生えない人なのだとばかり思っていました。

だけど温泉の事例に双方に体を参考にしたケースにショッキングなモノを見たのです。

驚いたことに友人のアンダーヘアが立派すぎてびっくりしてしまいました。

私と比較しても言うなら違うと思わされるくらいにアンダーヘアがすごくて、「たとえて言えばジャングルみたい」と考えました。

すごい量の必要ない毛を見て私は一瞬怯みました。

私の必要ない毛なんて大した事なかったんだと思わせるくらいに彼女の必要ない毛はすごかったです。

他のところは処理すれば隠せるけど、アンダーヘアは隠せませんからね。

実際にすごいものを見た気がしました。

友人に「全然必要ない毛すごく無いじゃん」と言われた事例にも何も返せませんでした。

おっしゃる通り仲間と比較したら毛深いだなんて全然言えないレベルだなと気づいたのです。

上には上がいるんだなと考えました。

脱毛施術効果のスピードについて

脱毛に勤しむ女性
脱毛サロンなどの店舗による施術の影響は、人それぞれ異なります。

大きな影響がある々もいれば、そうでないケースもあるからです。

例を挙げるとAさんという方は、ある店舗Bにて施術を受けたとします。

フラッシュによる施術を受け、3週間ほどが経ちました。

それで体毛がさらっと抜け落ちたとしましょう。

しかし全く同じショップBにて、別の方々が脱毛施術を受ける場合もある訳です。

仮にCさんが、そんな訳で施術を受けたとします。

Cさんの事例はAさんよりも時がかかり、抜け落ちるまでに1ヶ月半という状況でした。

つまり、個人差がある訳ですね。

それで多くの方々は、なるべく早く影響を体感したいと心積もりています。

あまり長いようですと、ちょっと気がかりでしょう。

なぜAさんとCさんのような差が生じるかと言うと、いつもからの保湿性です。

そもそも施術が影響を発揮するか否かは、保湿ケアに左右される性質があります。

Aさんはいつもからこまめに保湿ケアを行っているので、短期間に抜け落ちになる訳です。

ところがBさんはあまり綿密に保湿ケアを行わないので、かなり多くの期間を要してしまう事もあります。

ついでに脱毛サロンからは、大抵は保湿ケアをするように指示されます。

とりわけ施術即日は、保湿剤を使って下さいと指示される事例が殆どです。

そうした指示をびしっと守るか如何にかで、施術影響の早さも変わってくるでしょう。

保湿製品などに関連する疑問がある時などは、しっかりサロンに聞いてみましょう。

痛みに強いなら医療脱毛がオススメ

脱毛のテクニックは大きく分けて家庭用脱毛器・脱毛サロン・クリニックでの医療脱毛の3つに分類できますが、私の推奨は完全に医療脱毛です。

家庭用脱毛器も脱毛サロンも完了するまでに時が必要になるというのがその訳です。

その点医療脱毛なら脱毛サロンより威力が高く、サロンでは12回以上で2・3年必要になる脱毛が、医療脱毛なら6〜8回くらいのかれこれ1年〜1年半ほどで終わります。

1回あたりの脱毛に必要になる経費は医療脱毛のほうが高いと言うのは事実ですが、これだけ不可欠な回数に差があると総額は変わらなかったりしますし、医療脱毛の方が安いという時もありきたりにあります。

なお、医療脱毛では毛を生やす細胞の毛乳頭をパーフェクトに破壊するので、理論的には何十年経とうと必要ない毛が生えてこなくなります。

実のところそこまでの威力がない脱毛サロンでは、脱毛して数年や十数年でさらに必要ない毛が生えてきたという話も多々あるので、この永久脱毛は医療脱毛だけの特権です。

今頃は脱毛を受ける人の若年化も進んでいますし、若く新陳代謝が高ければその分必要ない毛がその上生えてくる確率も高いので、フレッシュな人ほど医療脱毛を受ける良い面は大きいと言えます。

ただ、医療脱毛は悪いところとして痛さが強いというのがあります。

体の局所である毛乳頭を光の熱で焼き潰しているので、もちろんではあるのですが、出力が高い分痛さが強いです。

どれくらい痛さならに耐えられるかは人それぞれですが、脇やVラインなどの毛が密集して生えているところは特に苦痛を感じやすいです。

医療脱毛を受けるなら、心理コンサルティング時に腕だけでなく、脱毛やりたいところにテスト照射をしてもらえるクリニックを探して、どのくらいの苦痛か検証した方がいいでしょう。

脱毛をした後の女性